花を贈ろう

花は自分で買うというよりも、人に花を贈ったり、または何かの機会に贈られたりする機会の方が多いのではないでしょうか。
花を贈ったことはありますか。お花をもらったことのある人は意外とたくさんいるのではないでしょうか。わたしは翌一に花を贈ります。花は季節を表し、そして華やかな印象があります。ですから、花を贈りたいと思う瞬間はお祝いである瞬間が多いのではないでしょうか。贈る側も贈られる側も花を買って贈ったり、贈られたりって気持ちが弾みます。花の華やかさは取り囲む人の心を虜にするかもしれません。花に美しさは多くの人の心をうれしくさせるかもしれません。

花を贈るシーンといえば、誕生日であったり結婚祝いだったり、お見舞いであることもありますし、新築の祝いの時もあります。花はお祝いのシーンにはぴったりです。花は贈る時も贈られた後もその空間を華やかにしてくれます。そして贈られた人の心も華やかにしてくれます。花はその場を彩りよくするし、何と言っても見る人の心を癒してくれる様なきがします。お見舞いにお花を贈るのはそんな効果があるからかもしれません。入院している人にとってはどんな理由にしろ、つらかったり、落ち込んでいたりすることもあります。食べ物は食べられないこともあるだろうし、お花であれば病室がちょっと明るくなります。心淋しい時間を明るくしてくれるのではないでしょうか。病室は薬や消毒の匂いで殺風景です。そんな空間や沈みがちな心をお花は和らげてくれます。病気と闘っている人やケガで落ち込んでいる人の心を元気づけてくれるのかもしれません。花はこの様に華やかなだけでなく、人に良い効果をもたらしてくれると思います。

花のあるシーンはとても華やかな印象があります。花のある空間は一気に艶やかになったり、品が出たり、特別な空間になったりします。花は人の様々な空間をを素敵に演出してくれます。花を贈ることはその雰囲気作りの第一歩になります。花を贈ることで、その贈られた人の空間が演出されるのです。誕生日であれば、その花を見るたびに誕生日のバースデーケーキを食べた事や情景・できごとを思いだすだろうし、結婚のお祝いで贈られた花を見れば、その結婚を幸せに感じることでしょう。花を贈ることは色々な人をその後々まで幸せな気持ちにさせてくれるのかもしれません。
どんな花を贈ったら良いのでしょうか。どんな花が人気があるのでしょうか。
花にはたくさんの種類があるし、たくさんの色もあります。人に花を贈る時はどんなことを気をつければ良いのでしょうか。みなさんが花をプレゼントと思ったときにまずどんな花が浮かびますか?
バラ、ゆり、チューリップ、かすみ草など、どんな花を想像するでしょうか。好きな花があるのであれば、迷わずその花にすればいいかもしれませんが、日本は四季のある国です。四季があるということは花もその季節によってある花をない花があるので、もちろん季節に沿った花を選ぶことになりますが、ある程度は贈るルール的なものもある様です。日本では菊の花と言えば仏様にお供えするお花と言う印象があります。お彼岸やお盆には黄色や白の菊や様々な色のスプレー菊が出てきます。お花屋さんには仏様に贈る菊の花束がお店に並びます。ですから、何かのお祝いに菊を贈るということはまずないかもしれません。今は品種改良でお洒落な菊もありますので、何かのディスプレイ等で使われることもあります。でも贈り物としてはなかなかないかもしれません。また、花言葉なんかを気にしてプレゼントする人もいるようです。暗黙のタブーと言ったとこでしょうか。別れの花とされるスイートピーや花がそっくりそのまま落ちる様な花は縁起が良くないとされている様です。
花束には花の丈を活かした大きな花束、可愛らしくアレンジしたブーケ型など様々な花束があります。贈る相手によって、贈る目的によって花束の形を選ぶのがいいと思います。何か贈り物に添えてという時などは一輪の花束何ていうのもステキかもしれません。

花の贈り物は贈られる人をとても幸せな気持ちに、嬉しい気持ちにしてくれる様な気がします。

おすすめWEBサイト 5選

脱毛 恵比寿
http://flur.co.jp/

最終更新日:2015/6/15