枯れない花

プリザーブドフラワーは枯れない花です。プリザーブドフラワーを見たことはありますか。かなり生花と近い状態の造花です。最近では一般的に花屋で見られる様になってきました。プリザーブドフラワーはどういったときにいいのでしょうか。プリザーブドフラワーの人気はどんなところにあるのでしょうか。
フランスで生まれたプリザーブドフラワー。すぐに多くのデザイナーの心をつかんだ様です。プリザーブドフラワーは保存したい状態の花を枯れない状態に保つことができます。保存方法が良ければ10年も持つともいわれ、枯れない花として世界中で評判を集めました。
プリザーブドフラワーはその生花の水を抜き、そして脱色します。水を抜く際には特殊な薬を使い、保存液となる不揮発性溶液を水分と交換します。花びらは脱色されていますから好みの色をつけ乾燥させます。
このプリザーブドフラワーはこの様な工程で製造されます。見た目は生花とほとんど変わりません。わかりやすくいうとできるだけ生花に近い状態、そして生花よりはるか長い命を持っているというのがプリザーブドフラワーなのです。色を変えなければほぼ同じ様な印象です。ドライフラワーというものがありますが、このプリザーブドフラワーは造花とはいえ、ドライ感は全くない印象です。ドライフラワーのぱりぱりとした花びらではなく、生花の様なやわらかい花びらが特徴です。ただし、プリザーブドフラワーの制作方法はピンキリで良質のものもあれば、そうでないものもあります。花のイキイキした印象が質によって違ってきます。以前は制作過程で使用していた薬が体に良くないと言われていましたが、現在ではそういったことは無くなってきた様です。安全性においてはクリアとなった様です。花びらの美しさはまるで生花とかわりません。良質のプリザーブドフラワーは大変美しいものです。色を後から付けることで現実にない色を表現することもできます。枯れない花はただ枯れないだけでなく、理想空想の色の花をも造り出すことができるのです。その長い命、自由な色というメリットを生かして、多くの場面で取り扱われる様になってきているのでしょう。
注目すべきポイントは何より枯れない花です。長い間同じ状態でいる生花の様な造花なのです。生花のよさを持ち、そして造花のよさを兼ね備えているのが、プリザーブドフラワーなのです。生花は儚いもので水がなかったら枯れてしまいます。その儚さが美しくもあるのですが、時と場合によってはその儚さを永遠にすることで、メリットがあることもあるのです。美しさを保つことを望む人は意外といたということなのです。最近多い花粉症のアレルギーに悩む人にとってはやさしい花となるでしょう。ブリザーブドフラワーのメリットは枯れないというだけではありません。作る家庭で水を抜くことによって、プリザーブドフラワーはとても軽量になっています。これはアレンジする時などにも都合がいいこともあります。色々な場所に飾ったり、時間がかかったりという場合、とても都合がいいのです。
では、プリザーブドフラワーのデメリットはどんなところにあるのでしょうか。プリザーブドフラワーは乾燥には注意する必要があります。保存液で水の必要は無くなりましたが、水分を持っていないということは乾燥には弱いということです。エアコンなどの空調には気をつける必要があります。風が直接当たる様なことは気をつけましょう。また、反対に湿気はカビや色落ちの原因にもなりますので、湿気にも気をつけましょう。枯れない花プリザーブドフラワーを長く美しい状態を保つためには湿気と乾燥に気をつけることです。
日本ではプリザーブドフラワーは一般的に知られてきました。日本の女性の間でも人気が出てきています。プリザーブドフラワーの教室もたくさんありますし、自分でアレンジする人も増えてきた様です。ウェディングブーケの様に長期にわたって保存しておきたい花はプリザーブドフラワーを使って作ったりする人もいる様です。生花に近いということで、プリザーブドフラワーは多くのシーンで使われてくる様になった様です。ですから、生花店でもプリザーブドフラワーを取り扱う様になってきました。生花の様な儚い美しさを保ち、枯れない花は多くの女性の心をつかんだのかもしれません。プリザーブドフラワーの人気が高まり、需要が増えてくれば、更にプリザーブドフラワーが良質に、そして多種になっていくかもしれません。

recommend

フランクミュラー 買取

2015/8/28 更新